FC2ブログ

Visitors

Visitors online

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018.11.17 20:00|クラス日記 2018年秋
2018年11月17日(土)

今学期の曲の中に、"Sweet Potato"という曲があります。
今回はこの曲に乗せてお野菜クイズをしました。

「白くて太い お野菜 何かな?」とか
「お料理する時 涙が 出るのは?」など
いろいろなクイズをメロディに乗せて歌います。

歌っている間に答えを考え、
最後のフレーズまで来て
「何でしょう?」と聞こえたら
タイミングを合わせて答えます。

子供たちは答えが分かるとすぐに言いたくなるのですが、
そこはちょっと我慢。
歌を聞きながら、ビートを感じ、
そして最後のその時を待ちます。

この曲もこれまでに何度か歌っているので
そのメロディーや拍感は大分体にしみこんでいますから
こんなことも簡単にできてしまうのです。

それぞれの歌をオリジナルのとおり歌うのももちろん楽しいですが、
こんなクイズ形式…なんていうのもなかなか面白いと思いませんか。
子供たちは前のめり気味に食いついて楽しんでくれていました。
スポンサーサイト
2018.10.20 20:00|クラス日記 2018年秋
2018年10月20日(土)

今年はハロウィンに一番近い土曜日(27日)が
レッスンのお休み週だったことプラス
それ以前の週末はクラスに来てくれているお子さん達が
かわるがわる運動会の予定だったりしたため
今年はハロウィンはなしにしようかなと思っていました。

そしてクラスでお母さまたちにそんな話をしていたら、
それを聞いた5歳のAちゃんが心配そうに、
「ハロウィンクラス、ないの?」とママに聞いたようなんです。

そんな話を耳にしたら、ハロウィンクラス、
やらないわけにはいかないじゃないですか。
しかも来られる子だけで…というのもちょっとなぁと思ったので、
今年は二週連続ハロウィンクラスでした。

子供たちが大好きな"A Ram Sam Sam"もハロウィンバージョンで登場。
そしてハチの巣からハチが出てくるはずの歌は
ハロウィンキャラクターに乗っ取られ、お化け屋敷の歌になっちゃいました。

20181020_101053-s.jpg

まずはみんなそれぞれお化け屋敷を作り、
その中にハロウィンキャラクターのカードを入れ、
"Here is a haunted house. Where is the ghost?"などと歌います。
そして続きを歌いながら、袋のお化け屋敷の中から
お目当てのもの(たとえばこの場合はghost=おばけ)を探します。
そして歌の最後、"1, 2, 3-4-5!"まで来たら
キャラクターのカードを袋から取り出します。

こうしていろいろなハロウィンキャラクターを
お化け屋敷から連れ出して遊びました。

同じ歌でも替え歌にすることで遊びが広がり、歌う機会も増え、
そうすると自然に歌を覚え、歌に親しみを感じるようになり…と
いいことだらけです。

ハロウィンクラスは、
ダンスやプレイアロング(楽器を使って自由に楽しむ時間)も
ハロウィンっぽい曲を用意し、
最後はハロウィンクラスお決まりの
「おばけなんてないさ」を
ララバイ(子守歌)として歌って終わりました。
2018.09.29 20:00|クラス日記 2018年秋
2018年9月29日(土)

秋学期が始まりました。

夏学期の間、ブログのクラス日記を不定期アップにしたら
案の定、休み癖?がついて、
秋学期はもっとひどい状況になりそうです。

秋学期はハロウィンやクリスマスといったイベントがあり、
その時期にはクラスでもそれぞれのテーマを取り入れた形で
楽しんでいきたいと思います。
仮装をしてクラスに参加したり、
いつもの歌がハロウィンバージョンやクリスマスバージョンに変身したり、
子供たちに人気の簡単工作をしたりと
いつもに増してお楽しみがたくさん。
乞うご期待!

2018.09.08 20:00|クラス日記 2018年夏
2018年9月8日(土)

夏学期最後のクラスはFun Classとして、
普段のクラスではやらない工作などを交え楽しみました。

今回のプチ工作は以前に一度やったことのある
紙コップを使ったJack-in-the-Box(びっくり箱)作りです。

20150924_140506_orig.jpg

作った後はみんな自作のびっくり箱を手に持って、
"Jack-in-the-Box"を歌いました。

紙コップの上部を各自手でふさぎ、最後のフレーズまで歌います。
そして最後、"Will you come out?"の後、
"Yes, I will!"のところで手を離し
中にいるピエロ(Jack)を飛び出させます。

作ったものは持ち帰れるので、
みんなお家でもピエロのJackを飛び出させて遊んでくれたなら嬉しいな。

"Rhythms and Rhymes"というチャンツでは
子供たちの好きな食べ物を題材に歌いました。
麺類やなっとうごはんなど、いろいろなものが飛び出しました。

また日本では「クラリネットをこわしちゃった」で知られている曲は
牧場の動物たちが登場するスペイン語の歌として収められていますが、
今回はこんなものを用意して遊んでみました。

20180920_104401 Rotate

画像では分かりにくいかもしれませんが、木製のパズルです。
オリジナルの歌には左隅のロバは登場しませんが、
クラスではロバを含め全部の動物たちを歌っていきました。

こんなふうに小道具もいつもよりちょっと多いFun Classは
あっという間に終わり、
短い夏学期が終了しました。

秋学期からは教材の装丁が一新。
こんな教材になります。

20180920_104507 Rotate

ちなみにこれまでの教材はこんな感じでした。

20180920_104704.jpg

秋学期から教材が新しくなることは知っていましたが、
サイズまで変わったことにはびっくりでした。
そして中身もイラストの雰囲気が変わっただけでなく
歌自体は同じでもSongbookとして内容はずいぶん変わりました。

私にとってはこのFiddle(バイオリンの意味)という教材は三回目ですが、
新しい教材を使ってまた心機一転、楽しいクラスをお届けしていきたいと思います。

秋学期は9月29日(土)から始まります。
入会のお申し込みだけでなく、体験のお申し込みも受け付けます。
ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
ホームページはこちらからご覧になれます。
https://www.musictogetherjoy.com/

2018.09.01 20:00|クラス日記 2018年夏
2018年9月1日(土)

夏学期のWeek 5の今日のクラスに
ご家族で体験にお越しくださった方がいらっしゃいました。

5歳のお兄ちゃん、2歳の妹ちゃん、そしてまだ7ヶ月の弟君といった
三人兄弟のご家庭でした。

5歳のお兄ちゃん、クラスが始まると、
「やりたくない。」と言って輪から離れて座りました。
けれどもこちらはそんなことに動じません。(笑)
「いいよ~。」と笑顔を向けながらスタートします。

そのうち体を思いきり使うActivity(アクティビティー)で
パパがお子さんの名前を呼んで声をかけて下さったら
それに乗ってやってきました。
そうしたらそれが楽しくて仕方がなかったよう。
そこからはくぎ付け!?(笑)

"I'm Working on the Railroad"(日本では「線路は続くよどこまでも」で知られている曲です)など
一部の曲を除き、ほとんどの曲が初めてだったと思うのですが、
子供たちはいろいろな要素で曲やActivityに興味を示します。

オーストラリアの動物を歌った"Down Under"をやったのですが、
子供たちにも分かりやすいよう登場する動物の写真を並べ、
さぁ歌おうとしたその時、「あっ、ヒクイドリだ!」と5歳のお兄ちゃん。
私自身この曲に出てくるからと調べるまでは知らなかったですし、
これまでのクラスでコアラやカンガルーを知っている子供たちはいても
ヒクイドリに反応した子はいませんでしたからとても驚きました。

お兄ちゃん、動物が大好きなのだそうです。
初めて聞く曲、しかもメロディーのないチャンツ。
更にはこの曲、構成が8分の6拍子と4分の4拍子が混在している変拍子なのですが
すぐに覚えて一緒に歌ってしまいました。

Prop(プロップ=小物)を使った遊びでも、
この5歳のお兄ちゃん、そして2歳の妹ちゃんのどちらもが
ただFacilitator(ファシリテーター)である私の真似をするだけでなく
自らこれはあれはといろいろなアイデアを出してくれました。

お兄ちゃんも最初の「やりたくない。」はすっかりどこかに行ってしまい
とても楽しかったそうです。
秋からご一緒できると、ますますにぎやかになって楽しそうです。


03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

Music Together JOY 山﨑弥生

Author:Music Together JOY 山﨑弥生
2012年春より東京都町田市でMusic Together®という、アメリカで誕生した0~6歳の未就学児とその家族を対象とした音楽プログラムのクラスを開催しています。

自分が本当に好きなことを仕事にしたいと、ずっと模索していて出会ったのがMusic Together®でした。

子供が好き。人が好き。そして人に喜びや元気を与え、周りの人々が幸せを感じるお手伝いができたら本当に嬉しい。子どもの成長と家族の幸せに欠かせないママの笑顔と心の余裕を生みだすクラスをお届けしています。

「弥生さんに会うとほっとする。」と言われる安心感は「うちの子泣いちゃうと思うのですが…」とおっしゃって体験にいらっしゃったのになぜか泣かないお子さんたちのお墨付きです。(^ー^*)

読者登録



提供:PINGOO!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。